黒烏龍茶を飲むと、下痢や便秘などのコメントが良くあるんだけど

黒烏龍茶がもたらす、下痢・便秘とは?

黒烏龍茶と下痢便秘

最近めちゃくちゃ人気のある黒烏龍茶であり、黒ウーロンハイ

 

ですが、googleなどで調べると、思ったより黒烏龍茶と下痢や便秘、などの悩みを持つ人が多いみたいなので、ここですこしそうなる要因を解説していきますね!

 

近年、過度の食事や飲酒によりメタボリックシンドロームなどの症状に悩んでいる方は多いはず。
そんな中、ダイエット茶が流行し、食事中の脂肪吸収抑制効果があるなどで人気奮闘中です。

 

たくさん種類も増える中、圧倒的な人気を誇っている「黒烏龍茶」。
しかしこの黒烏龍茶、間違った黒烏龍茶の摂取方法により、下痢や便秘の原因になっていることも。
お茶なのに不思議ですよね。そこで、その症状についての理由と原因について調べてみました。


黒烏龍茶が原因の下痢とは?

黒烏龍茶には、タンニンやカフェインが多く含まれています。

 

これらは胃に何も入っていない空腹状態に摂取すると、胃に大きな負担がかかり、下痢になりやすいとされています。

 

また量をたくさん飲むことも、胃を傷める原因であり、下痢や気分が悪くなることもあります。
その為、黒烏龍茶による下痢を防ぐには空腹時に飲まないこと、摂取量を正しく守ることにあります。

 

脂肪に働きかけるぐらいなので、しっかりと無理する必要はないですからね。

黒烏龍茶と下痢便秘

黒烏龍茶には本来、利尿作用があり便秘にも効果的とされています。
しかし黒烏龍茶により、便秘の症状が出たという口コミもしばしば目にします。

 

その理由として考えられるのが、黒烏龍茶の過度の摂取により利尿作用が活発に働き、尿を頻繁に出すことで体内の水分は減少します

 

これに伴い、腸内の水分も一緒に減っていくため、乾燥している状態から、便がゆるやかではなくなり、先に流れづらい状態になってしまいます。

 

便が乾燥し、固まったような状態になれば便秘になってしまいます。
水分補給のつもりが、過度の摂取により利尿作用で身体の水分を出してしまったら、逆効果になってしまいます。


黒ウーロンハイも、お替りはほどほどに!

このように、黒烏龍茶による下痢や便秘には、黒烏龍茶の摂取量や摂取方法に問題があるようです。

 

メリットの多い黒烏龍茶がデメリットとなっては元も子もないですよね。

 

用法用量を守って黒烏龍茶の本来のメリットを生かし、健康を維持したいですね。


関連ページ

黒ウーロンハイって美容やダイエット効果など嬉しいことが多い!
ウーロンハイも単純に黒烏龍茶のほうが当然味も濃くてより美味しいですし、しかもウーロンハイに期待していた効果がバッチリ出るので当然おススメです!
黒ウーロンハイを飲むタイミングは食中だけど、ダイエット効果は?
黒烏龍茶は、食べるタイミングによって効果が全然でなかったり、効果をしっかりと味わえたり。と全然知ってるだけで違います。黒ウーロンハイは食中になりますが、食後や食前に飲む場合と比べてきました!
黒ウーロンハイは、内臓脂肪減少に効果があるの?ビールに置き換える?
黒烏龍茶が脂肪の吸収を抑えている場合に、お腹まわりの内臓脂肪減少効果はどのていどのモノなんでしょうかね?
黒ウーロンハイのカフェインはどの程度含まれちゃう?
黒烏龍茶を飲むときに注意が必要となるのが、当然烏龍茶よりもお茶成分が濃く、カフェイン量も高くなります。ここでは、そんな黒ウーロンハイのデメリットを教えておきますね!