黒烏龍茶に含まれるカフェイン成分はどの程度?中毒性は?

黒烏龍茶のデメリットとは?

黒烏龍茶とデメリット

脂っぽいもの、またカロリーオーバーな食事をするうえ、黒烏龍茶は救世主。
と手放しにほめたいのですが、じつはカフェイン量にだけは注意が必要となります。

 

脂肪の吸収を抑制、さらに身体に脂肪がつきにくくしてくれる、とても大助かりな特性があるのですが、普通の烏龍茶よりも有効成分が濃くなっており、結果としてカフェインなどの含有量も多くなります。

 

ここでの解説では、黒ウーロンハイのメリットばかりではなく、デメリットについても紹介します。


黒烏龍茶の成分ってどんなもの?

黒烏龍茶には「ウーロン茶重合ポリフェノール」という成分が含まれております。

 

これは、黒烏龍茶の”脂肪の吸収を抑える”と謳う働きをするとても有能な部分です。

 

脂肪の吸収は本来、「リパーゼ」という消化酵素が、すい臓で分泌され、脂肪を分解、吸収されます。

 

ウーロン茶重合ポリフェノールは、このリパーゼの働きを阻止するのです。

 

リパーゼの働きを阻止することにより、脂肪の吸収を抑制し、排泄へと促すことにより、身体に脂肪がつきにくくしているのです。

黒烏龍茶のカフェイン量とカフェイン中毒の症状とは?

烏龍茶にはカフェインが含まれております。
もちろん黒烏龍茶にも同様であり、摂取方法、摂取量を正しく摂取しないと危険が伴う可能性もあります。

 

そもそもカフェインは、覚醒作用や筋肉疲労回復、脂肪燃焼効果などメリット部分はたくさんあります。

 

眠気を抑え、集中力が高まるという効果は有名ですよね。

 

しかし、摂り過ぎや一気飲みなど無理な摂取により、デメリットが生じることもあります。
過度のカフェイン摂取は、カフェイン中毒を引き起こす可能性があり、神経過敏、顔面紅潮、興奮など恐ろしい症状になりうることもあります。

 

またメリットである、眠気を抑える効果の裏に、過度のカフェイン摂取により、鼓動が速くなり不眠の症状になることもあります。
その他にも脱水症状、胃痛…たくさんデメリットが隠れているのです。

黒ウーロンハイにもご用心!

ダイエッターにとって黒烏龍茶はとても助かる商品ですが、摂取方法や摂取量により悪影響も及ぼす可能性があります。

 

よりよく黒烏龍茶の効果を実感するために、正しい飲み方をすることがベストですね。

 

カフェイン中毒の人って、普段から飲んでいるコーヒーやお茶などあまりにも当たり前に飲んでいる状態でも発症しますので、本当に他人事と思わないで、あなたも気を付けてくださいね!


関連ページ

黒ウーロンハイって美容やダイエット効果など嬉しいことが多い!
ウーロンハイも単純に黒烏龍茶のほうが当然味も濃くてより美味しいですし、しかもウーロンハイに期待していた効果がバッチリ出るので当然おススメです!
黒ウーロンハイを飲むタイミングは食中だけど、ダイエット効果は?
黒烏龍茶は、食べるタイミングによって効果が全然でなかったり、効果をしっかりと味わえたり。と全然知ってるだけで違います。黒ウーロンハイは食中になりますが、食後や食前に飲む場合と比べてきました!
黒ウーロンハイは、内臓脂肪減少に効果があるの?ビールに置き換える?
黒烏龍茶が脂肪の吸収を抑えている場合に、お腹まわりの内臓脂肪減少効果はどのていどのモノなんでしょうかね?
黒ウーロンハイを飲むと、下痢や便秘など副作用があるの?
楽天やアマゾンなどの黒烏龍茶のコメントに下痢や便秘などの話が書かれているページを見つけて、意外と悩んでいるらしいですので、ちょっとまとめておきますね!