黒烏龍茶の効果を高めるタイミングは?食前?食後?

黒烏龍茶の効果を味わうためのポイントは、タイミング!

黒烏龍茶を飲むタイミング

特定保健用食品に指定されている「黒烏龍茶」。

 

もちろん黒ウーロンハイにして飲んでも美味しいですが、ダイエット、美容、リラックス…たくさんの効果が立証されて、味以上の部分で人気になっています。

 

健康ブームの今、人気奮闘中の商品ですが、正しい飲み方や飲むタイミングはあるのでしょか?
万能茶、黒烏龍茶の効果をより高める為、飲み方について調べてみました。


黒烏龍茶を飲むべきタイミングとは?

まず黒烏龍茶の主な効果として、脂肪の吸収を抑制する働きをします。
この効果を引き出すには飲むタイミングが重要です。

 

効果的なタイミングとしては、食事と一緒に摂ることです。
黒烏龍茶は脂肪燃焼に効くのではなく、あくまで食べたものの脂肪吸収の抑制なので、食前、食後よりも食事中がベストなのです。

 

また、一日に摂取してもいい黒烏龍茶の量は350mlを目安とされています。理想の飲み方として、350mlを一日2回の食事時に分けて飲むことが推奨されています。

 

分けて飲むのにはあまり向いていませんが、食中に取るという観点では、黒ウーロンハイは間違いなく食べながら飲むものですので、効果は期待できそうですね♪

黒烏龍茶で身体を壊すことも・・・

黒烏龍茶を飲むタイミング

黒烏龍茶には、タンニン、カフェインがたくさん含まれているため、過度の摂取は胃に大きな負担がかかります。

 

胃酸の働きが活発になると、胃潰瘍や十二指腸潰瘍を引き起こす原因ともなります。

 

そして、カフェインにはリラックス効果や、血行の改善効果などいい要素もありますが、摂取量を超えるとカフェイン中毒になる危険性もあります。
これは睡眠障害、嘔吐、顔面の紅潮など恐ろしい病と化する可能性もあり得る、怖い症状が起こります。

 

そして、黒烏龍茶を摂るうえでもっとも多く見られがちの症状が、下痢です。
飲み過ぎや、一気飲みをしてしまうと下痢の症状を伴うことがあります。

 

下痢の症状を引き起こしてしまうと、体の外へ排出されてしまった栄養を補う為、黒烏龍茶の効果とは逆に、脂肪を蓄えやすい身体になってしまう可能性もあります。
また、便秘を引き起こすこともあるので、注意が必要です。


黒烏龍茶は飲み過ぎにはご用心!

このように黒烏龍茶には、メリットもデメリットも存在します。どの飲み物にもはやり摂り過ぎはよくありません。
黒烏龍茶の効果を発揮するには、正しい飲み方と量を守って健康な身体作りをしていきたいですね。

 

とはいえ、脂肪吸収を抑える効果をみすみすと見逃してしまうのももったいないので、そこはぜひとも受け取れるように、生ビールを置き換えながら、楽してダイエットに生かしてみてくださいね♪


関連ページ

黒ウーロンハイって美容やダイエット効果など嬉しいことが多い!
ウーロンハイも単純に黒烏龍茶のほうが当然味も濃くてより美味しいですし、しかもウーロンハイに期待していた効果がバッチリ出るので当然おススメです!
黒ウーロンハイは、内臓脂肪減少に効果があるの?ビールに置き換える?
黒烏龍茶が脂肪の吸収を抑えている場合に、お腹まわりの内臓脂肪減少効果はどのていどのモノなんでしょうかね?
黒ウーロンハイのカフェインはどの程度含まれちゃう?
黒烏龍茶を飲むときに注意が必要となるのが、当然烏龍茶よりもお茶成分が濃く、カフェイン量も高くなります。ここでは、そんな黒ウーロンハイのデメリットを教えておきますね!
黒ウーロンハイを飲むと、下痢や便秘など副作用があるの?
楽天やアマゾンなどの黒烏龍茶のコメントに下痢や便秘などの話が書かれているページを見つけて、意外と悩んでいるらしいですので、ちょっとまとめておきますね!