ウーロンハイを美味しく飲むための、焼酎の選び方を教えます!

ウーロンハイを割る焼酎は何でもよいの?

ウーロンハイを割る焼酎

ひとくちにウーロンハイといっても、そこに加える焼酎のチョイスによって味はがらっと変わります。

 

例えば甲類乙類、芋麦米、といった原材料から何から違いますので、それによって割りものとして飲んだウーロンハイの味が違うのも当然っちゃあ当然ですよね?!

 

そのキーとも言える焼酎のバリエーションについて掘り下げてみました。
自宅の晩酌で少し変化をつけたくなった人は、ベースの焼酎を変えてみてくださいね♪


焼酎の甲類乙類って何のこと?

一般的にウーロンハイで使用されている焼酎は「甲類」と「乙類」です。

 

この2つの違いは、それぞれ蒸留方法が異なることです。

 

甲類は連続式蒸留法という蒸留方法が起用され、外国から輸入した糖蜜やとうもろこしなどの粗留アルコールで蒸留し、そこからアルコール分36度未満に水で薄められてできる、無色透明でクセのないのが特徴とされています。

 

例として有名な銘柄は「鏡月」「キンミヤ」などです。

 

乙類は、単式蒸留法で日本では古くから、この蒸留法が起用されています。
そのことから「本格焼酎」とも呼ばれています。芋・麦・米などを原料に、麹を加えて発酵することで、その原料の風味が楽しめる味わいとなります。

 

例として有名な銘柄は「大五郎」「純」などです。

 

まあ一口に言ってしまうと、より飲みやすいのが甲類、クセのあるのが乙類、って区分けで十分です。

イモ焼酎と麦焼酎はどっちがウーロンハイでウマイ?

ウーロンハイを割る焼酎

ウーロンハイを麦焼酎か芋焼酎どちらで割るか、その人の好みによりはっきり分かれます。

 

それぞれ違った特徴を持ち、愛され続けられておりますが、それ独自の違いとはどの様なものか?

 

まず、ウーロン茶と麦焼酎の組み合わせは、ウーロン茶と麦の風味が程よくマッチすることで、フルーティな味わいに変化します。
また麦焼酎は、芋より香りが少ないため、ウーロン茶の味を邪魔することなくよりピュアな仕上がりになることが特徴的です。

 

一方芋焼酎の組み合わせは、ウーロン茶と芋焼酎特有の風味との相性がよく、芋焼酎のクセをそのまま生かすことができる割り方です。

 

それぞれの飲み方により、味わいが全く違うのもウーロンハイの魅力です。


ウーロンハイを美味しく飲むのは、好みです!

ウーロンハイをどの焼酎で飲むか、意外にもウーロンハイの中にバリエーションが多くあり、色んなアングルからウーロンハイを試していくのも楽しさのひとつになるのじゃないでしょうか。

 

はっきり言って、どうやって飲んでも、我々日本人の口には合うようにできていますので、正直その中でも好みのものを選んで楽しんでみてください!

 

とはいえ、アドバイスとしては、やっぱりロックで飲んでて自分がウマイと思える焼酎が、ウーロンハイにしてもウマイ!
と思うはずなので、そこは自分が普段飲んでいるものを選んでみてくださいね♪


関連ページ

ウーロンハイを美味しく自宅で家飲みする作り方割り方まとめ!
ウーロンハイって居酒屋では良く飲むけど、味も違ってれば焼酎の分配も違って、作り方で地味に味に差が出ます!ここでは、そんなウーロンハイのレシピや作り方をまとめます!
ウーロンハイを焼酎でなくウイスキーで割るのって邪道?
ウーロンハイなんてどうやっても美味しく飲めるものなので好みも含めて好きにすればよいと思うのですが、ウイスキーで割るのは邪道!とされてるみたいです。ですが、結構うまいので、たまには焼酎の代わりにどうぞ〜
ウーロンハイのアルコール度数って居酒屋だとどんなもの?
ウーロンハイって居酒屋とかで頼む人も増えてますが、アルコール度数はどの程度?お酒が弱い人でも飲める?逆にお酒が強い人でも満足できる?